“Keyword”キーワード

ツィルニトラ共和国

ツィルニトラ共和国

大戦後、世界を二分する東の大国。首都はサングラード。共和制だが、実質は一党独裁の社会主義国家。現在のトップは最高指導者であるゲルギエフ。国内の情報は厳しく統制され、国家にとって不都合な真実はしばしば握りつぶされる。

アーナック連合王国

アーナック連合王国

大戦後、世界を二分する西の大国。民主主義国家。東の共和国と熾烈な宇宙開発競争を繰り広げている。『プロジェクト・ヘルメス』を立ち上げ、目下、7人の宇宙飛行士が史上初の有人弾道飛行を目指している。

ミェチタ(夢)計画

ミェチタ(夢)計画

成功すれば、人類初となる有人宇宙飛行計画。連合王国の『プロジェクト・ヘルメス』に対抗し、東歴1960年9月、共和国最高指導者ゲルギエフが発令した。

ノスフェラトゥ計画

ノスフェラトゥ計画

人類初の有人飛行計画に先立ち、吸血鬼を実験体として宇宙に送り込む計画。生態的な特徴が人間に最も近い実験動物であり、成功しても人間ではないため“人類初”にはならないということで、非情にも吸血鬼が選ばれた。

ライカ44

ライカ44

宇宙開発都市。宇宙開発関係者約9000人が住まう。存在そのものが国家機密であり、地図に記載されない[閉鎖行政領域体]である。住民にも厳しい守秘義務が課されている。

生体医学研究所

生体医学研究所

『ライカ44』内にある実験用動物の飼育施設。訓練センターの裏手の森のなかにある。通常は宇宙飛行士候補生でも立ち入ることはできない。イリナは実験体として所内の独房に収容されている。

運送屋

運送屋

国家保安委員会が保有する秘密警察の通称。国家に不都合な人物を施設へ運び、事件を隠密裏に処理している存在。委員会副議長は前政権の残党で、政権を打倒したゲルギエフの台頭を快く思っていない。

吸血鬼

吸血鬼

『呪われし種族』として人々に忌み嫌われる存在。紅の瞳に白い肌、尖った耳と牙を持つが、その他の外見は人間と大差ない。北方の暗く寒い地で生きるため、暗視能力と耐寒性を持つが、太陽や暑さに弱い。 また、モンスターとして語り伝えられていることの大半はデマ。血を吸うのは儀式のときのみで、普段は人間と同じ食事で代替できる。 しかし共和国内での偏見は根強く、不幸をまき散らす不吉な人外として差別的な扱いを受けている。